WordPressのインストールをWindows10のローカルサーバー(xampp)にする方法

Winodws10にWordPress(ワードプレス)をインストールする方法をご紹介します。自分のパソコンにローカルサーバーを構築することによってWordPressのカスタマイズやサイトデザイン作成に重宝します。

ローカルサーバーのインストール

WordPressをWindows10にインストールするにはローカルサーバーが構築されていることが前提になります。

ローカルサーバー(xampp)の構築は以下の関連記事の方法で行うことができます。

関連記事:Windows10にXAMPPをインストールする方法

xamppの起動

xampp(ザンプ)のコントロールパネルでワードプレスに必要なモジュールを起動します。以下のモジュールのSTARTボタンをクリック。
・Apache(WEBサーバー)
・MySQL(データベース)

ユーザーとデータベースの作成

ローカル環境ではWordPressに必要なユーザー名とデータベースを手動で作成する必要があります。そのためにはまず、コントロールパネルのMySQL – AdminボタンをクリックしてphpAdminページにアクセスします。

User accountタブをクリック

User account画面でユーザー名、パスワード、データベースを作成します。

ユーザーアカウントの作成

画面全体の中段にある「Add user account」をクリック。

ユーザーアカウントの設定

ユーザーアカウントの設定をする。

項目
User name 決めたユーザー名
Host name ローカルを選択
パスワード 決めたパスワード
Re-type 決めたパスワード
Authentication Plugin さわらない
パスワードを生成する さわらない

2.データベースの作成

同じ画面の「 同名のデータベースを作成してすべての特権を与える。」にチェックを入れる。

画面、最下部の右側にある「実行」ボタンをクリック。

これでワードプレスで使用するデータベースの作成は完了です。このデータベースとユーザー情報をワードプレスのインストール時に指定します。

WordPressのインストール

日本語版 – WordPressをロカール環境(XAMPP)にインストールする方法について書いていきます。

WordPressのダウンロード

日本語 – WordPressサイトにアクセスして最新のWordPressをダウンロードします。
ダウンロードサイト:日本語 WordPress

WordPressの解凍

ダウンロードしたワードプレスをxamppフォルダ直下のhtdocフォルダに解凍します。xamppをCドライブ直下にインストールした場合は以下のファイルパスになります。

ちなみにhtdocsフォルダはWEBに表示されるコンテンツが格納される場所です。私はhtdocsフォルダ配下をわかりやすくするために新規フォルダ(workspace)を追加してワードプレスモジュールを解凍しました。

WordPressの初期設定

WordPressのトップページにアクセスすると設定画面が表示されます。フォルダパスが以下の場合、

URLは下記となります。

http://localhost/workspace/wordpress/

「さあ!はじめましょう」をクリック。

前回作成したデータベース名、ユーザー名、パスワードを入力して送信ボタンをクリックします。

項目
データベース名 作成したユーザー名
ユーザー名 作成したユーザー名
パスワード 設定したパスワード

インストールの実行をクリック。

以下の情報を設定して「WordPressをインストール」をクリック。

項目
サイトタイトル サイト名を入力
データベース名 作成したユーザー名
ユーザー名 作成したユーザー名
パスワード 設定したパスワード
パスワードの確認 チェックを入れる
メールアドレス メールアドレス
検索エンジンでの表示 チェックを入れる

ログインボタンをクリック。

設定したユーザー名とパスワード入力してログインすると管理画面に遷移します。

これでワードプレスのインストールは完了です。

最後に

古いバージョンでのxamppを使ってのWordPressのインストール方法が検索上位になっていたので2017年最新のWordPressのインストール方法を記事にしてみました。

(Visited 193 times, 1 visits today)