WordPressを丸ごと移転するDuplicatorプラグインの使い方 -詳細版-

「WordPressを丸ごと引越し・移転したい」という場合があります。例えば、レンタルサーバーの変更やミラーサイトをローカル環境に作りたい場合など。

コピーして移すだけなら簡単ですが、その他にも変更をしないとさまざまな問題が発生します。

問題が発生しないように丸ごとWordPressを移転・引越しする方法をご紹介していきます。

WordPressの引越しについて

WordPressを丸ごと・完全に引越しをしたい場合、必要な情報はファイルとデータベースの2つです。また、移転にともなってドメイン(URL)やファイルパスの情報を変更する必要があります。

ファイル

WordPress本体、インストールしたプラグインやテーマファイル、メディアなど。

データベース

「記事」や「WordPress、テーマ、プラグインなどの設定情報」など。

サーバー情報の変更

データベースに設定されているサーバーのファイルパスやドメイン名を移転先の名称に変更する必要あり。

Duplicatorについて

Duplicatorとは

WordPressは「WordPressというCMSのファイル群」と「WordPressによって作成されたデータベース」のふたつによって構成されています。

このふたつを丸ごとパッケージ化してバックアップを行い、新しい環境(移転先)にインストールできるのがDuplicatorプラグインです。

作成したパッケージを新しい環境(移転先)にインストールする時、データベースに記載されているドメイン名やファイルパスも新しい環境のものに自動で変更されます。

Duplicatorのインストール

引越し元・移転元のWordPressでDuplicatorプラグインのインストールを行います。プラグインの検索窓にDuplicatorと入力して検索するとプラグイン一覧が表示されるのでインストールを行って下さい。

Duplicatorの使い方

インストールしたDuplicatorを有効化すると管理画面のメニューに「Duplicator」が表示されます。これをクリックするとパッケージの作成がはじまります。

Create New

「Create New」をクリック。
作成済みのパッケージがある場合、一覧が表示されます。

Setup

Setup画面では各種設定を行います。設定完了後は「NEXT」ボタンをクリック。

Name

パッケージの名前を設定できます。変更する必要が無い場合にはデフォルトのままでOK。

Storage

パッケージが保存される場所が表示されます。
※拡張機能を購入しないとフォルダ指定は変更できませんが必要ないと思います。

Archive – Files

Archive Only the Database

「Archive Only the Database」のチェックボックスにチェックを入れるとデータベースのみ保存され、WordPressのファイル群は保存されません。私の環境ではエラーでダメでした。


注意書きには以下の内容が書かれています。
※1:ベータ版
※2:WPのバージョン違いによって互換性が保たれないかも?

Enable File Filters

WordPressのフォルダ構成は以下のようになっています。「Enable File Filters」のチェックボックスにチェックを入れると保存を行わないフォルダを指定することができます。

WordPress
├─wp-admin
├─wp-content
│ ├─languages
│ ├─plugins
│ ├─themes
│ ├─upgrade
│ └─uploads
├─wp-includes
└─wp-snapshots

引越し元と引越し先のWordPressが同じバージョンの場合、保存が必要なフォルダは「plugins、themes、uploads」の3つとなり、その他のフォルダは引越し先と同じなので必要ありません。

「Enable File Filters」では保存をしないフォルダ、拡張子、ファイルを指定することができます。

Archive – Database

「Enable Table Filters 」のチェックボックスにチェックを入れるとデータベースに保存しないテーブルを指定することができます。
※Duplicatorプラグインで作成されたパッケージを移転先でインストールする時、データベースは初期化されてからデータベースが書き込まれます。なのでDuplicatorプラグインでデータベースの分割移動はできません。

Installer

何も設定せず、Nextボタンをクリック。

Scan

SetUpに問題がないかチェック(スキャン)され、問題がある場合、警告が表示されます。問題がなければ、Buildをクリック

Build

パッケージの作成が行われ、時間は数分から15分くらいかかります。作成が完了すると「Installer」と「Archive」ボタンをそれぞれクリックしてダウンロードを行います。

ダウンロードした2つのファイルを移転先(引越し先)にアップロードしてインストールを行います。

installer.php
20170818_duplicatore_xxxxxxx_archive.zip

移転方法

Duplicatorプラグインで作成したパッケージを移転先にインストールする方法。

WordPressのインストール

移転先のサーバーで新規ワードプレスをインストール。これで引越し元のファイル群、データベースを受け入れる器ができます。

パッケージのアップロード

移転元のWordPressで作成したパッケージを「FTP」または「レンタルサーバーのファイルマネージャ―」でアップロードします。アップロードするファイルは2つ。

installer.php
20170818_duplicatore_xxxxxxx_archive.zip

インストールの開始

アップロードしたinstaller.phpをブラウザで呼び出して起動します。

http://localhost/workspace/wordpress/blog/installer.php

Step1

Step1ではArchive Pass、Validation Pass、Options、Noticesの項目を設定および確認して次のステップに進みます。

Archive Pass

サイト名やファイル名、サイズなどが明示されています。「Pass」表示されていれば問題ないです。

Validation

インストール可能な環境かチェックされた情報が表示されます。「Pass」表示されていれば大丈夫です。

Options

ここではいくつかの設定ができます。

Extraction

復元ファイルの選択。デフォルトのままでOK。

Config Files

オリジナルの「 .htaccess」、「user.ini」、「web.config」を使用する。デフォルトのままでOK。

File Times

ファイルのタイムスタンプを現在時刻またはオリジナル時刻にするか?デフォルトでOK。

Logging

ログのレベルを選択。デフォルトでOK。

Notices

簡単に言うとツールはあなたの責任で使用してねって内容です。当然ですがツールの使用によりWordPressがうまく動かなくなっても知らないよって事でしょう。
「I have read and accept all terms & notices (required to continue)」にチェックを入れ、「Next」ボタンをクリック。

Step2

データベースのインストール設定を行います。

Setup-Action

Connect and Remove All dataを選択。(デフォルト設定のまま)

Setup-Host

自動認識されたデフォルトのままでOK。

Setup-データベース系

データベースの設定を行います。まずはじめに移転先で器として作ったワードプレスの「wp-config.php」から「データベース名」、「ユーザー名」、「パスワード」の取得が必要です。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘testwp’);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘testwp’);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘test123’);

項目 内容
データベース名 Duplicator-setp2のDataBaseに設定
ユーザー名 Duplicator-setp2のuserに設定
パスワード Duplicator-setp2のPasswordに設定

データベース名、ユーザー名、パスワードを設定したら、「Test Database」をクリック。問題がある場合には以下のようなメッセージで「Fail」が明示されます。

Options

文字コードの指定などができます。デフォルト設定のままでOK。

Test Databaseの結果が「success」で問題がなかったら「Next」をクリック。

テロップで警告が表示されます。警告内容は指定されたデータベースは上書きするのでバックアップを取っておいた方がいいですよって感じです。Yesをクリック。

Step3

新しい設定関連の情報です。デフォルト設定のままで問題ないので「Next」ボタンをクリック。

New Settings

WordPressに新しく設定されたURLとファイルパスが明示されます。
変更の必要はなし。

Options

新しいユーザーの設定やデータテーブルのスキャンなどが設定できます。
デフォルトのままでOKです。

Step4

インストールの最終結果が表示されます。インストールは完了しているので「Site Login」ボタンをクリック。

テンポラリーファイルの削除

インストール完了時に「Site Login」ボタンをクリックするとData Cleanup画面に遷移します。「Remove Installation Files」、「Clear Build Cache」ボタンをそれぞれクリックして不要ファイルを削除してください。

エラー事例

Configuration File : Warn

移転先にインストールを行う際に表示される警告メッセージ。警告内容はすでにWordPressがインストールされている環境なので不正なインストールになる可能性がある。

「wp-config.php」を違うファイル名(old_wp-config.php)に変更して、ページの再読み込みを行うとで警告メッセージは表示されなくなります。「old_wp-config.php」に記載されているデータベース名、ユーザー名、パスワードは使うので不要になるまで削除しないでください。

「wp-config.php」はインストラーが自動作成します。

Directory Setup : Warn

警告:上書きされるファイルが40個以上ある。
同じバージョンのWordPressによる上書きなら気にしなくて大丈夫ですが、バージョン不一致の場合、発生する不具合については予想できないので最新バージョンで上書きするのが良いと思います。

Name Checks : Notice

通知:ファイル名に特殊文字がある。
日本語ファイル名がある場合に通知されますが問題ありません。

Size Checks : Notice

通知:作成するパッケージサイズが大きいため、タイムアウトが発生する可能がある。
サイズが150MB以上のとき、通知されるメッセージで通常は問題は発生しない。

最後に

WordPressに移転・引越しの際、ミスをしやすい変更点を自動でやってくれるプラグインがDuplicatorです。ただし、「スペックの低いレンタルサーバーでは動作しない」との評価をされている人もいらっしゃいました。

私はXserverを使っていますが快適に使えています。

http://www.xserver.ne.jp/

(Visited 276 times, 1 visits today)