【Windows10】レジストリエディタの基本的な使い方(バックアップ・修復・変更・削除)

アプリケーションのアンインストールを行ったときにレジストリにゴミ(アンインストールしたアプリのレジストリ情報)が残る場合があります。

このゴミをWindows10で修正する方法を例にレジストリのバックアップ、修復、変更、削除について書いていきます。

レジストリエディター

レジストリエディターを使ってレジストリのバックアップ、修復、変更、削除を行うことができます。

ファイル名を指定して実行

windowsマーク – マウス右メニュー – ファイル名を指定して実行(R)を選択。

レジストリエディターの起動

名前にregeditと入力してOKボタンをクリック。

デバイス変更の許可

OKをクリック。

レジストリのバックアップ

レジストリを変更する場合には不測の事態に備えてバックアップを行います。

保存レジストリの選択

バックアップを行うキーを選択します。今回はすべてのレジストリをバックアップするため、コンピューターを選択。

レジストリのエクスポート

ファイル – エクスポートを選択。

保存場所とファイル名及び全体保存または選択部分の保存を選択してOKボタンをクリックすると保存されます。

レジストリの修復

修正を行う前にバックアップ(エクスポート)したレジストリをインポートしてレジストリの修復を行います。

レジストリのインポート

ファイル – インポートを選択。

修復(インポート)するレジストリファイルを選択すると修復されます。

レジストリキーの変更

変更を行いたいキーを選択してマウスの右メニューから修正を選択すると値を変更することができます。

レジストリキーの削除

レジストリキーまたはレジストリキー名を選択してマウスの右メニューから削除を選択すると削除できます。

まとめ

フリーのアプリケーションをインストールする機会の多い人はアンインストール時にレジストリにゴミが残ることが多いので覚えておいて損のない知識だと思います。

(Visited 159 times, 1 visits today)