ホームネットワークをwifi(無線)とlanケーブル(有線)で 構築してみた。

etc

LANケーブルで接続するパソコンが2台になったのでホームネットワークを構築してみました。

モデムだけだった頃のホームネットワーク

m_p

モデムとパソコンをLANケーブルで接続。

インターネットの接続はプロバイダーのユーザー名とパスワードをパソコン側で設定してダイヤルアップ接続。

ネットワークとインターネット
 - ブロードバンドまたはダイヤルアップで接続
 - ユーザー名とパスワードを設定。

LANケーブル(有線)でモデムとパソコンを接続して、後はパソコンにプロバイダーのユーザー名とパスワードを設定すればインターネットに接続できていました。

ルータで複数台PCをLANケーブルで接続

pc2join

今までパソコンに設定していたプロバイダーのユーザー名とパスワードをルータに設定。

これによりルータが自動でインターネットに接続してくれます。

パソコンに設定していたダイヤルアップ接続は不要なので削除。

代わりにルータとパソコンの接続をPC側の設定で、
・IPアドレスを自動的に取得する。
・DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する。
にすれば、自動でインターネットにパソコンが接続されます。

無線ルータとWifi接続

pc_and_wifi
無線ルータは電波を垂れ流しにしているのでWifi対応のスマートフォンやタブレット、PCで勝手に受信しています。

インターネットに接続する場合にはSSIDがWifi対応のハードウエア(スマートフォンやタブレットなど)で認識されているので、受信されているSSIDの暗号化キーを入力してインターネットに接続することができます。

通常はルータの裏面にSSIDと暗号化キーが記載されています。

外出先でスマートフォンをアクセスポイントにする

outdoor

外出先でタブレットやノートパソコンからインターネット接続をしたい場合、スマートフォンのテザリングを行いましょう。

スマートフォンの4G通信をタブレットやノートパソコンのWifiで接続することができます。

iphoneならインターネットの共有をON、androidならwifiデザリングでスマートフォンをタブレットやノートPCのアクセスポイント(無線ルータ代替)に使えます。

外出先で無料Wifiを使う

shop
ビジネスホテルやセブンイレブン、auやドコモ、ソフトバンクで無料Wifiが提供されています。また、バス会社によっては無料Wifiが提供されているので色々な公共施設で無料Wifiが解放されているかもです。

(Visited 469 times, 1 visits today)
etc
ChiyoPenをフォローする
ChiyoPen

コメント