2017/06/18

SSDを搭載している高速レンタルサーバーを選んでみました。


ユーザーリスペクト、Google評価にサイトの高速表示が重要な影響を与えています。使えきれないディスクの大容量に費用を割くのはやめて、サイトの高速化に費用を割り当てるのが有効です。

2017年、最先端の技術を搭載したレンタルサーバーを紹介しつつ、文献をまじえて理由を解説していきます。

データアクセスの高速化

SSD搭載のレンタルサーバーに変わると
・ページ表示の高速化
・サーバー内読み書きの高速化で作業の効率化(時短)
・表示やレスポンス遅延の回避でSEO評価の向上。
につながります。

その理由はHDDからSSDに変更するとデータアクセスが高速(R/Wが3倍、ランダムアクセスは数十倍)となり、 サイトのページ表示も速くなります 。また、サーバー内作業のデータアクセスも高速となるので作業の効率化(時短)になります。SSDとHDDの速度比較は関連記事を参照してみて下さい。

関連記事:レンタルサーバーにおけるSSDとHDDの違い

特にサーバーに負荷をかけやすいWordPress(CMS)の場合、ディスクをHDDからSSDにする事によって負荷が軽減され高速化の効果を得やすいと思います。

すでにWEBサーバー(Apacheとか)がアクセス負荷によるエラーを度々出力しているのであれば、高速サーバーへの移転が望ましいです。

SSD搭載のレンタルサーバー

SSDを搭載しているレンタルサーバーは少ない状況です。契約更新タイミングで高速化されたレンタルサーバーへの移行が良いと思います。

高速レンタルサーバー

ベンチマーク最速、第四世代のWEBサーバーLigtspeedとHDDの読み書き速度の3倍以上、ランダムアクセスは40倍以上のSSDを実装し、業界最高水準のハイエンドCPU(Xeon)を搭載しているレンタルサーバーは以下の2つになります。

参考:mixhost / JETBOY

関連記事:いち早く最新技術のWEBサーバーを取り入れたSSD実装のmixhost。
関連記事:WordPressも高速表示!SSD実装の高速レンタルサーバーJETBOYについて調べてみました。

大容量SSDのレンタルサーバー

他のレンタルサーバーが20GB程度のSSDに対して、ヘテムルでは256GBの大容量でSSDを使用することができます。SSDが大容量だからと言って他のスペックが低いわけではありません。最高峰のCPUであるXeon、転送量120GB、メモリ128GBとリーソースも大容量です。

WEBサーバーはショアNo1のApacheが搭載されており、ベンチマーク最速のLigtspeedは採用されていないです。

参考:ヘテムル

関連記事:オールSSDのヘテムルはクリエイター向けのレンタルサーバー

まとめ

サイト(ページ)の高速化はGoogleの評価対象となっているため、高速化で表示遅延などのマイナス評価を回避することができす。また、ベンチマーク最速のWEBサーバーを実装するレンタルサーバーは出てきたので検討してみる価値はあると思います。

参考:Google、ウェブページの読み込み速度をアルゴリズムに取り入れたことを発表 | 海外SEO情報ブログ
参考:ページの表示速度は日本でもランキング要因になっていた 〜 Google社員に尋ねた11個の質問 | 海外SEO情報ブログ

(Visited 358 times, 1 visits today)