2017/06/04

WordPressのプラグイン、Lazy Loadで簡単画像遅延読み込み

前にjQueryのLazy Loadについて紹介させて頂きました。

参考:lazyloadの使い方をDemoを見て納得!!画像遅延読み込みでサイトの最適化。

WordPressのプラグイン、Lazy Loadはアニメーションをカスタイマイズすることはできませんが、ワンタッチでが画像遅延読み込みを実装することができます。

画像遅延読み込みの利点

ブログやサイト表示するとき、すべてのオブジェクト(文字や画像など)を読み込んでから表示しますが画像を遅延して読み込むことによってサイト表示の高速化が実現します。

今回、紹介しているLazy Loadプラグインはア二メーションの設定こそできませんがインストールして有効化するだけで画像遅延読み込みを実装することできます。

画像遅延読み込みタイミングはスクロールによってディスプレイ領域に画像が表示されるタイミングで画像が読み込まれます。

プラグイン、Lazy Loadを実装したサイト

以下のサイトではプラグインのLazy Loadをインストールして画像の遅延読み込みを行っていますので、スクロールしたタイミングで表示される画像を読み込みます。

  • goodFilms

    厳選動画サイト

Lazy Loadのインストール

管理画面 – 新規プラグインを追加
キーワードにLazy Loadを入力してエンターすると以下のプラグインが表示されるので「今すぐインストール」をクリック。
lazyloadplugin

インストール後に有効化すれば機能が実装されます。

最後に

画像を多用することが多いので重宝するプラグインでした。

(Visited 127 times, 1 visits today)