2017/06/04

キャッシュを使わず最新状態をサーバーから取得するリロードはウェブクリエイターには嬉しい♪

ウェブクリエイターにとってCSSやscriptのカスタマイズ後の確認は必須。

そんな必須の確認作業もページを早く表示させるための機能であるキャッシュが残っていると古いCSSやスクリプトの状態で表示されて確認するのに時間が要してしまう。

そんな無駄な時間やイライラを解消してくれるリロードがあります。私はGoogle Chromeを愛用しているのでGoogle Chromeのリロードを紹介します。

参考:Chrome のキーボード ショートカット

おすすめのリロード

インターネットのページの再読み込みを行うときにPCのキャッシュを使わず、サーバーの最新状態を読み込んでページを表示します。CSSやjavascriptをカスタマイズしたときに最新状態を読み込んでカスタマイズ状態を確認することができます。

ちなみにキャッシュとはインターネットのページを素早く表示させるための仕組みで、一度表示させたことのあるページの情報を部品として蓄えています。この部品を使うことによってページを早く表示させています。

そのためCSSなどのカスタマイズを行ったとき、部品として蓄えていたページ情報が古いと最新の情報がページに表示されません。

その他のリロード

Google Chromeブラウザにはデベロッパーツールが存在し、ブラウザ上でF12を押下するとデベロッパーツールが開きます。

この状態で更新ボタンのメニューをマウスの右クリックで表示させると以下のリロードメニューが表示されます。

リロード 内容
通常の再読み込み 端末上にあるキャッシュを使ってページの表示
ハード再読み込み サーバーから最新情報を取得してページの表示
キャッシュの消去とハードの再読み込み 端末上にあるキャッシュを消去し最新のページ情報を取得してページを表示

まとめ

最後に紹介した「キャッシュの消去とハードの再読み込み」は時間がかかるのでおすすめできないです。動作としては履歴の消去と同じだと思います。CSSやjavascriptでサイトを構築している方にはキャッシュを使わず、サーバーから最新情報を取得してページを表示するShift+F5 または Ctrl+Shift+rが良いと思います。

(Visited 103 times, 1 visits today)